タカラヅカと私

いつも心に黒燕尾

宝塚初心者におすすめソング15曲‼︎

数ヶ月前、宝塚沼に足を踏み入れかけている友人から「ヅカファンの中で、これはマスト!みたいな曲ってある?」という質問を受けた。その場でパッと思い浮かんだのはエキサイターで、とりあえずエキサイターを中心に何曲かを薦めたものの、果たしてあのセレクションで良かったんだろうか…ということをずーーーっと考え続けていて、有識者(ヅカ仲間)の意見も聞きつつ、ようやく自分の中で固まったので発表したいと思います!

選定の基準としては、

・ヅカファンの中で知名度が高い
・ディナーショーやタカスペ等でよく歌われる
・初心者でも聴きやすい
・アルバム1枚程度として15曲以内

としてみました!いや〜!悩んだ〜!!

 

〈ショー部門〉
1.Exciter!!(Exciter!!2017/明日海りお)

まずはファンもジェンヌもみんな大好きなやつ!花組の名作ショー・エキサイターのメインテーマを入れたい!花組生・元花組生がディナーショーや番組収録等で歌う率としてはナンバーワンでは?キャッチーなメロディー&パンチライン強めの歌詞で、一度聴いたら忘れられないし何度聴いてもテンションがあがる。バチ!バチ!バチ!ショートする熱視線で〜!
初演と再演は真飛聖様だけど、個人的な好みで2017年の明日海りお様バージョンを推したい。いつものなめらか歌唱がオラオラテンションに引っ張られてる感じが最高〜!


2.ソーラー・パワー(ファンキー・サンシャイン/大空祐飛

ヅカファンの生態を描いた四コマがおもしろすぎる、タカラヅカを題材にした漫画のなかでぶっちぎりで最高な『ZUCCA×ZUCA』。その中でネタとして登場するので、「あれに出てたけどどんな曲?」ということで興味を持ってもらいやすいかと!ソーラーパワーをか・ん・じ・て!!
もし『ZUCCA×ZUCA』をお読みになったことがない方がいたら下記で試し読みできるので是非!ヅカファンじゃなくても、何か沼を抱いてる人には超おすすめ!

http://www.moae.jp/comic/zuccazuca


3.夢は世界を翔けめぐる(夢は世界を翔けめぐる/香寿たつき

2001年1月という新世紀の幕開けを飾った星組のショーの主題歌とあって晴れやかで明るい一曲。歌詞の中に「夢幻の 紫苑の 砂漠の 地上の 心の」と宝塚5組が入っているところが好き。「夢はオーシャン 夢はムーンライト 夢はワンラブ 夢はトゥルーラブ」とか結局夢は…?何なの…?ってなるところも好きだし、組子の「ヤーヤッヤ ヤーヤッヤ ヤーヤッヤヤー!」てコーラスも超好き!
稔幸様主演のショーだけど、私は香寿たつき様の優しい歌声が大好きなので、iTunesで買ったやつをセレクトしたいと思います!

 

〈海外ミュージカル部門〉
4.ひとかけらの勇気(スカーレット・ピンパーネル/安蘭けい

宝塚で上演している全作品の中で1番好きかもしれないスカーレット・ピンパーネル!感動と笑い、華やかさと情緒、恋愛と友情と冒険、そして大団円!色んな要素がバランス良く入ってて何回見ても楽しい。そんなスカピンの主題歌は本当に名曲なので絶対入れたい!
宝塚で上演するにあたり新たにワイルドホーン先生が書き下ろしてくれた内の一曲で、しかも先生は安蘭けい様の声を聴いて安蘭けい様の為に書き下ろして下さったとのこと。優しくも力強いメロディー…まさにとうこさんそのもの…というわけで、ここは初演バージョンでお聴き下さい!


5.最後のダンス(エリザベート春野寿美礼

1996年初演以来、9回も上演され、その度にチケ難になる超人気演目ことエリザベート。愛と死の輪舞曲・私だけに・私が踊るとき、と名曲揃いで悩むけど、ここはトート閣下の十八番・最後のダンスで!片思い相手のエリザベートの前に姿を現し、「覚えておいでですか?」「いいえ。どこかでお会いしたような気もしますが」と返されてこの曲が始まるわけで。閣下がんばれ〜!閣下かっこいいよ〜!
テンション低めのスタートから、めちゃくちゃかっこいいサビに入るあの数秒間の来る…来る…!というワクワクは本当にクセになる。スターさんによって後半のアレンジも違うのでめちゃ迷うけど、宝塚が誇るベルベットボイス閣下こと春野寿美礼様バージョンを私は推したい!!

 

6.ミー&マイガール(ミー&マイガール剣幸こだま愛

あったかハッピーラブコメ代表、ミーマイから表題曲を!男役メインに偏りがちなので、男役と娘役のデュエット曲がバリエーション的にも良いかなぁと思って選びました。下町の幼馴染カップルのビルとサリー、交互に歌う2人が楽しそうで、メロディーも軽やかで、聴いてるだけでニコニコしちゃう。
こちらも色んなコンビが歌ってるけど、初演の剣幸様とこだま愛様のゴールデンなやつで。ちょっと演奏が懐かしい感じもするけど、こだま愛様ことミミさんのサリーの「♪もう ダメよ♡」がめちゃくちゃキュートでほんと大好き!

 

7.エメ(ロミオとジュリエット/明日海りお・真彩希帆)

ロマンチック泣きミュー代表、ロミジュリからはしっとり系デュエット曲を。エメ(Aimer)=フランス語で「愛」の通り、「たとえ貧しい時も」「病に倒れようとも」愛していると歌う、結婚式の誓いが下敷きになっている名曲。アゲアゲ曲を選びがちなので、ここら辺でちょっと切ない系もありかと!
本公演ではないけど、明日海りお様のディナーショーで披露された当時花組娘役・現雪組トップ娘役の真彩希帆様のやつがiTunesにあるのでおすすめです。真彩希帆様の透明感のあるソプラノが本当に素晴らしい…!

 

〈オリジナル作品部門〉
8.エジプトは領地を広げている(王家に捧ぐ歌/朝夏まなと

エジプトの次の将軍に選ばれるのは絶対に俺〜!いけいけドンドン!!な疾走感とそのまんまの歌詞が超楽しい1曲。とにかくキャッチーさがすごくて、カラオケで歌うと非ヅカファンにも興味を示してもらえるので、初心者の方のお心を掴めるんじゃないかと思います!そしてお心を掴めたらメインテーマ(名曲)、ファラオの娘だから(パンチ曲)、そしてスゴツヨソングをご紹介したい!
こちらは再演・朝夏まなと様バージョンで。よく聴くと(よく聴かなくても)ダサい歌詞を、あのまぁ様の伸びやかなお声のかっこよさで押し切っていただきたい!

 

9.未来へ(エクスカリバー姿月あさと

劇場で生で聴きたかった〜!!と聴く度に悔しく思う1曲!1998年に誕生した宙組の記念すべき大劇場公演1作目のエクスカリバーの主題歌を。タイトル通り、明るく開かれた未来へ向けて歌われる、希望に満ちた旋律がすごく良い。キラキラしたもので胸がいっぱいになって客席で泣いちゃうやつ…劇場で聴けた方が本当に羨ましい…!
姿月あさと様の歌声は宝塚の大きな財産だと思うので、こんなに素敵な歌を歌われる方が宝塚にいたんだよ、ということも合わせて伝えたい。伝えたいというか、自慢したい〜!

 
10.エル・アルコン-鷹-(エル・アルコン-鷹-/安蘭けい

ドラマチックな前奏と「イギリス海峡…その海の向こうにはスペインがある。」という語りから始まる、壮大さが最高なナンバー!♪エェ〜ル アルコ〜ンのコーラスも超真似したくなる!漫画原作ものからも選びたかったのと、どんな舞台か見てみたい、と思ってもらえるのでは…という企みをこめて!
宝塚では珍しいダークヒーローもの、その黒い魅力が歌声だけでも超かっこよくて、同じ安蘭けい様が歌っている前出の「ひとかけらの勇気」との違いも楽しんでもらいたいな〜!


11.君に伝えたいことがある(THE SECOND LIFE/北翔海莉)

知名度や歌われる率でいうとセレクト外だけど、北翔海莉様の歌は絶対に一曲入れたい!!ということで。舞台は未見の状態だったにも関わらず、初めて聴いた時に泣きそうになった名バラード…北翔海莉様の歌声の、温かさと優しさが絶品です…。後日スカステ放送された舞台を見て、歌の背景の切なさに号泣しましたね…(死んだピアニストの男が現世でマフィアの男の体を借り、恋人に自分だと分かってもらう為の歌です)
これはもちろん本公演の音源がすごいので!何がすごいって、ピアノの弾き語りがすごい。この伴奏のピアノ、オケじゃなくて舞台上で北翔海莉様が弾いているものである、ということも含めてお聴き下さい!!


12.酒・歌・女、我らに有り!(ALL FOR ONE〜ダルタニアンと太陽王〜/美弥るりか)

個人的に2017年のベスト公演・月組のALL FOR ONEより!「♪俺は恋の狩人だ 狙った獲物は逃さない」という宝塚でしか聞けない歌詞を歌うアラミス@美弥るりか様をメインに、場の全員が歌うこれぞミュージカル!という感じがすごく好き。「♪例え行きずりの出会いでも(パンパン!)運命の相手かもしれない」で2回手を叩くところの楽しさよ〜!
三銃士の1人・アラミスが宝塚版では「世紀の色男」という位置付けになっていて、美弥るりか様が見た目もキャラもめちゃくちゃハマっていた。宝塚ならではのキャラクター設定も合わせて楽しんでもらえたら嬉しい限り!

 

〈教科書部門〉
13.この愛よ永遠に-TAKARAZUKA FOREVER-(ザ・レビューII/大地真央黒木瞳

宝塚には宝塚という世界そのものをテーマとした名曲がいくつかある。「タカラジェンヌに栄光あれ」「おお宝塚」「カルナバル・ド・タカラヅカ」等、大体が宝塚って最高〜!宝塚って楽しい〜!マジ永遠なれ〜!みたいな歌詞なので、初めて聞いた時は自画自賛すごくない!?とちょっと驚いた。その中でも人気のこの曲は、何度も聴いてるうちに世界観にも慣れてくるし、なんなら退団者のお別れで聴いたりするとめちゃくちゃグッときちゃうから不思議…。
元々は男役と娘役のデュエット曲で歌詞も違うけど、宝塚ソングとして歌われる方が近年は多いし、大人数で歌ってるやつがいいかなと思うので2014年タカラヅカスペシャルバージョンの音源でどうぞ。ズラッと並んだスターさん達が、全員ニコニコ歌ってるのを想像してもらえるとより臨場感を味わえるかと!


14.すみれの花咲く頃(パリゼット)

やっぱりこの曲は外せない!!宝塚歌劇を象徴する曲として、一般にも知名度が高いのではないかなぁと思ってるけど、実際どうなのかな〜。改めて聴くと、上品なメロディーと日本語にしみじみしちゃうし、「♪すみれの花咲く頃 初めて君を知りぬ」っていう歌詞に大体のヅカオタはご贔屓との出会いを重ねていそうだな…と思ったりする。
有名曲だけあって音源もたくさんあるけど、おすすめは「POWER OF MUSIC!!~心はひとつ~」というスカステ番組内で収録されたバージョン。東日本大震災があった2011年に制作された番組で各組&専科からの選抜メンバー・計111名が参加した、タカラジェンヌの本気の合唱をぜひ!ご堪能いただきたい!

 

15.HOT LIMIT(Special DVD-BOX/明日海りお)

これは完全にボーナストラックとして!!トップスターに就任して限定生産で発売されたDVDで歌ってるやつ!明日海りお様が西川貴教さんを…!?ナマ足魅惑のマーメイドを…!?私服は春夏秋冬ブーツインなのに!?って発表時にブチ上がった思い出。タカラジェンヌがJ-POPを歌う新鮮さを楽しんでいただきたい一曲!
ちなみに「ダイスケ的にも〜」は、「りお様的にも〜」に変わっていて、ダイスケ様サイドからは快く歌詞変更オッケーが出た、というエピソードも。あとPVも最高なので、歌を気に入ってくれた人には是非見せたい。ナマ足どころか黒のレザーの上下で男性ダンサーを従えて踊るガッツリアイシャドウの明日海りお様がとても…とてもかっこいいので…!!

 

以上、独断と偏見によるおすすめ15曲でした。今後リアルに会える友達に聞かれたら上記をお聴かせしていこうかと。
ヅカ仲間との会議では「ル・ポァゾンも必聴じゃない?」「LOVERS GREENも入れたい〜!」「ベルばらは知名度あるけど…曲だけ聴くと濃すぎるのでは…?」等、超盛り上がって楽しかったです。宝塚、名曲が多くて本当に最高〜!!マジ永遠なれ〜!!