タカラヅカと私

カスOL 兼 駆け出しのヅカオタ

花組公演『邪馬台国の風』追加されたセリフと場面の報連相

6月4日に初観劇して先の感想をしたため、6月10日に2回目を観に行ったところ、休演日をはさんでセリフとプチ場面が追加されてたわけで…!中村先生…!お稽古段階で気づけやーい!

以下、追加されてたところです。私が気づいた分なので、他にも増えてるかもしれません。

 

・お師匠様より念押しメッセージ

第三場にてクコチヒコに斬られたお師匠様、戻ってきたタケヒコの腕の中で生き絶える前に「クコチヒコ、クコチヒコだ…!」と自分を斬った男の名を念押しするセリフが追加。大事なことなので2回言うやつ。※正しくはお師匠様が「クコチヒコ」、タケヒコが「クコチヒコ」と復唱でした。これにより、襲われてる現場に居合わせなかったタケヒコにもお師匠様の仇が「狗奴国の兵」ではなく「クコチヒコ」としっかり認識でき、タケヒコとクコチヒコの因縁というか対立軸が強化された。「お師匠様の仇を客席は知ってるけど、タケヒコ自身は知らない」という状況が解消されたのは良かったな〜。だってその方が、演じる明日海りお様としてもきっとやりやすいと思うから…!

・アシラよりメンバー紹介

第五場A、山を降りたタケヒコがアシラを訪ねる場面。初見時は唐突に「あと1人!あと1人だ!」というアシラのセリフから始まっていて、「?何があと1人?」という謎解きスタートしてたところにもセリフが追加に。きちんと「狗奴国の砦へ向かう者は5人、フルドリ!ツブラメ!イサカ!あと1人だ!」とメンバー選抜中であることがアピールされ、謎解き不要に。良かった…!アシラことちなつの良い声もちょっと多めに聞ける…!

・フルドリよりラブちら見せ

同じく第五場A、狗奴国の砦へ向かう道すがら仲間を紹介してくれるフルドリにも追加セリフが。イサカちゃんのことを話す際、「ツンツンしてるけど本当は優しいやつだ。俺は知ってる。」とやや恋心を匂わすように。

・タケヒコとイサカとお花とフルドリ

第五場AとBの間にプチ場面が追加。クコチヒコとタケヒコの銀橋対比ソングと、次期大巫女オーディションの間ですね。上手側舞台端にお花を手に出てくるイサカちゃん。そこへ通りがかったタケヒコ。花を摘んでたのか、と聞かれて、「狗奴国との争いの中で死んだ弟と妹の為に、川に流すんだ」と静かなトーンで話すイサカちゃん。しゃがみこんだ彼女の隣に同じように腰を下ろし、「弟と、妹か…」と労わるようにイサカの背に手を添えるタケヒコ。ややぎこちなくて、ちょ、なんで急に肩抱いたし!?ってなったけど、そんなタケヒコみりお様もめちゃくちゃ可愛いしレアなのでオッケー!でもきっとどんどん自然になってくるんだろうな…。初々しいタケヒコ様も好き…でも手練れになってもそれはそれで絶対好き…。イサカちゃんにとってタケヒコがちょっと気になる存在になった、ということを印象づける場面として成立させたのは、さすが安定のしろきみちゃん!!そしていい感じの2人を見つけて走り去るフルドリ、というベタ・オブ・ベタなやつも行われておりました。あと場面がいっこ増えた分、暗転もいっこ増えました!

・フルドリよりラブ全部見せ

第九場、「フルドリのラブソング(相手が誰か考えながらお楽しみ下さい)」についても、解消するセリフが追加に。歌い出す前に、手にしている弓について「新しい弓、イサカは気に入ってくれるだろうか」的なひとりごとが増えてて、その弓、イサカへのプレゼントだったんだね…普通に武器の手入れしてるのかと思ってた…。そして歌った後、イサカとの会話の中で弓をプレゼント。これで一件落着、かと思いきや…!これによって新たなつっこみポイントが!!

なんとその弓、祭りに乱入してきた狗奴兵を倒す次の場面でタケヒコが使っているわけで!まさかのフルドリ→イサカ即タケヒコ…?イサカちゃん、完全に新入荷した武器としか思ってなくて、見回りに行くタケヒコに渡しちゃってない…?フルドリ…泣いてない…?とか心配になるので、弓を是非もう1種類ご用意下さい…!!

 

追加に対応する花組子達に心からサンテ!!!!次に観に行ったらまた何か変わってるのかな…えっ…チケット追加しちゃう…?という、ある意味気になる邪馬台国。やいやい言いつつ、千秋楽まで見守ろうと思います!がんばれがんばれ花組子!!