タカラヅカと私

カスOL 兼 駆け出しのヅカオタ

Like mother,like daughter.

2016年1月、宙組の『シェイクスピア』大劇場公演中のある日のこと。

前日の夜、「ちょっと体調悪くて…明日の観劇無理かも…」と切ないラインを送ってきた友達のSちゃんが、マスクをつけ開演ギリギリにやってきた。良かったね!ありがとう!今年もよろしく!こちらこそ!ていうかプログラム表紙のまぁ様のドヤ顔最高じゃない?最高〜ジャケ買い待ったなし〜!!などと早口で話しながら客席へなだれ込み、その日も最高の観劇を経た。

帰り道、何かのタイミングでSちゃんがため息をついた。出かける準備をしていたら、お母様より小言をちょうだいしたというのである。曰く、

「無理して観劇に行って、明日会社休むことになったらどうするの」

ごもっとも。完全にその通りである。社会人たるもの、体調管理も仕事のうちだ。

後日、母にその話をしてみた。

「そんなん観劇優先やん!観劇はチケット買ってるその日しか行かれへんけど、会社は1日ぐらい休んだって、またいつでも行けるやん!」

なるほど〜!!確かに月曜休んでも火水木金と4日も行くもんね!!慧眼〜!!と個人的にはめちゃくちゃ同意するが、やはりこれは一般的な感覚ではないと思われる。でも私の母はこうだ。なぜか。

なぜなら、私の母もまた、ヅカオタだからである。

初観劇は2000年の『あさきゆめみし花組公演。翌2001年の『ベルサイユのばら星組公演ではまって、定期的に通うようになり、スカイステージ(宝塚専門チャンネル)を契約し、気がつけば我が家にタカラヅカが加わった。ご贔屓は朝海ひかるさんと安蘭けいさん。同じ頃、私は四季さんにだだハマりしていたので、ジャンルは違えどリピート観劇や遠征に理解のある母親はとてもありがたかった。

それに何より、母親の世界がどんどん広がって毎日楽しそうなのが良かった。色々調べて四苦八苦しながらCS放送が映るようにしたり、チケット掲示板を利用して知らない人と待ち合わせたり、ネイルサロンに行ってみたり、1人で東京や博多まで出かけたり。

ある年、母親の誕生日に2人でご飯に行った時に、

「大学行くフリして四季さんのマチネ公演観に行ってたの知ってるよ!ちなみにお母さんがパート行くフリして名古屋公演観に行ってたの知ってた?」

と言われて本当にびっくりしたし、最高だなと思った。朝、私達に朝食を用意し、お弁当を作って送り出してからダッシュで出かけ、私達が帰って来る前には帰宅して何食わぬ顔で夕食を作っていたと。最短のルートはネットで教えてもらったと。顔も知らないヅカオタの皆様、母がお世話になりました。

 

ご贔屓が退団してしばらく母もタカラヅカから離れていたが、私がヅカオタになるに伴い、華麗な復活を遂げている。観劇中の母から幕間に感想メールが届いたり、一緒に観に行ったり、その後飲みに行ったりできてすごく楽しい。新たなご贔屓は月組のありちゃんこと超路線ジェンヌ・暁千星様。長く楽しめそうでとてもいい。前回の誕生日には真風涼帆様主演の『ヴァンパイア・サクセション』のチケットをくれた。最高に嬉しかった。

「しかもタカラヅカを観たら大体の体調不良は治る!だからむしろ、行った方がいい!!」と持論をまだ展開している母を前に、私は恵まれた自分の環境に感謝した。

持つべきものは、ヅカオタの母である。